the肉丼の店 蒲田

お肉

「the肉丼の店 蒲田」味が染み込んだレアローストビーフが絶品!

 

お肉が乗った丼が食べたくたくて、Instagramで探しました。

そこで気になったのが、「the肉丼の店」です。

 

宿泊する蒲田駅の周辺で探していたのですが、駅からも近くてわかりやすい。

レアなローストビーフ丼が食べられるということで、速攻決めました。

 

今回は、夫と行ったのですが、「the肉丼の店 蒲田店」はどのような雰囲気なのか、ひとりでも行きやすいのかという点も含めて確認してきました。

 

お邪魔しまーす(^^)

 

 

「the肉丼の店」 とは

 

「the肉丼の店 蒲田」は、店名の通り肉丼がメインのお店です。

 

肉丼と聞くだけでワクワクしてきますね!

 

このお店の目玉である「ローストビーフ丼」は、味がしっかり染み込む様に三日間かけて作っています。

 

ボリュームあるレア肉の見た目がとっても美しくて、インスタ映えも抜群です。

 

蒲田店のほかに、高田馬場、下北沢、吉祥寺にもお店があります。

(2020年1月19日現在)

 

「the肉丼の店 蒲田店」

〒144-0051 大田区西蒲田7-5-5 第6菊地ビル1F
電話番号 03-6424-7077
営業時間 11:00〜23:00(LO.22:30)
定休日 月曜日、第一・第三水曜日

 

 

 

アクセス

「the肉丼の店」 は、JR蒲田駅西口から徒歩2分の場所にあります。

 

駅前の「ドン・キホーテ」の裏なので、場所がわかりやすくて旅行者には嬉しいです。

 

向かい側には黒湯温泉「和」、隣には大衆酒場「鳥万」があります。

 

23時まで営業しているので遅めの夕食もOK。

 

テイクアウトも可能なので、混雑時は持ち帰って食べてもよいかもしれません。

 

 

「the肉丼の店 蒲田」の店内

 

入店すると思っていたよりも狭くてびっくり!

カウンター席が6席と、樽のテーブル席(立食)が1テーブルだけでした。

 

席数が少ないこともあり、昼時は行列のできる繁盛店なんだそうです。

 

私が行ったときは22時20分頃。

ちょうど一人帰るところで、店内はお客様がいない状態でした。

 

「この時間だしね!」と思っていたら、そのあと二人組とテイクアウトの方が来店。

遅い時間でもあなどれません。

 

 

まずは食券を購入

お店に入って左手に券売機があるので、ここで食券を買って店員さんに渡します。

 

 

平日は、ご飯大盛り又はトッピング無料だそうです。

 

水はセルフ、横には玉子スープが置いてあったのですが、そちらは有料でした。

 

でも、お店のTwitterをフォローすると、スープかごはん大盛りがサービスになるそうですよ。

 

 

料理を受け取るときには、カウンターで食べている別のお客さんの前に手を伸ばさないとならないので、少し不便です。

 

狭いのでしょうがないですね。

 

食器の返却もセルフなので、混雑しているときは、あまり身動きができなさそう。

 

 

メニュー

 

こちらのお店は、3日間じっくり漬け込んだ「レアローストビーフ」が名物です。

 

「私もレアなローストビーフを食べてみたい!見た目も美味しそうだし」と、すでにコレに決めていました。

 

 

時間が遅かったせいか、食券機を見ると売り切れがチラホラありましたね。

 

「レアローストビーフ」は並みのみの販売になっていて、私が購入したら売り切れました。

 

夫は並みの「イチボステーキ丼」を注文しましたが、これもすぐ売り切れに。

 

 

並のほかには大とメガとあり、食券機などにある写真はメガのものだそうです。

 

 

ほかにもミニ丼が300円で食べられます。夫は「A5スジとランプの旨煮丼」のミニ丼も一緒に注文しました。

 

いろいろ食べてみたい人には嬉しいですね。

 

ほかにも美味しそうなメニューがたくさん!

 

「白いビーフストロガノフ」も気になります。

 

 

待つこと10分ぐらいで注文したメニューが届きました。

 

 

極上イチボステーキ丼

 

極上イチボステーキ丼(並) 1,000円

 

わぁー!美しい!!

見た目だけでテンションがあがります。

 

このレアな感じがたまらないですね。

 

 

赤身のお肉とさっぱりのタレで味付けされているので、全く重たありません。

ぺろっと食べられそうです。

 

ただ、男性は並みだと少し物足りないかも…。

 

 

ローストビーフ丼

 

ローストビーフ丼 (並) 880円

 

ローストビーフ丼はご飯のまわりにローストビーフがまかれ、真ん中に玉子が乗っかった状態です。

 

 

これまた、きれいに並べてあって美しい!

肉質は柔らかくて、レア感も感じられます。

 

 

3日かけて味を染み込ませてタレは、しっかりめの味付け。コチュジャンベースの甘辛ダレは、卵黄との相性も抜群です。

 

卵の黄身と混ぜると、まろやかさが増しますよ。

 

 

黄金色になりました!

これがまた食欲を誘いますね。

 

まずはタレだけで味わうもよし、黄身をつぶし甘みを楽しむのもよし、一つの丼で色々な味を楽しめます。

 

 

A5スジとランプの旨煮丼(ミニ)

 

『A5』という文字にやられた夫ですが、スジ肉なので普通の肉との違いがよくわからなかったようです。

 

それでも濃いめの味付けで、ご飯はパクパク進んでいました。

 

ローストビーフやイチボ肉と比べると、少しインパクトが足りないですかね。

 

もちろん、味は美味しかったのですが。

ミニ丼として食べるのがちょうどいいかなと思いました。

 

 

「the肉丼の店 蒲田」は予約できる?

 

混雑が予想される「the肉丼の店 蒲田」ですが、じつは食べログで予約ができます。

 

しかも、ディナーは1人×50ポイント、ランチは1人10ポイントがもらえちゃいますよ。

これはお得ですね!!

 

しかも、アプリで予約すると2倍になります。

 

 

いまのところ、「the肉丼の店 蒲田」は人数1人、15:00の予約のみ受け付けているようです。

 

 

どの時間帯も混雑しているので、ほかの時間の予約は難しいのかもしれません。もし、タイミングが合えば予約してみてくださいね。

 

↓ リンクから予約ができます。

 

 

ちなみに「the肉丼の店」はほかにも、高田馬場・晴海・赤坂・吉祥寺・下北沢にも店舗があります。

 

さらに、下北沢店は、ホットペッパーで予約することが可能。こちらは店内も広く、座席も多いので時間帯や人数を問わず予約できます。

 

クーポンも使えますよ。

 

↓ リンクから予約ができます。

 

 

 

 

女性ひとりでも平気?

ほぼカウンター席しかないので、女性ひとりでも行きやすいです。

ただ混雑しているときは、落ち着かないですし、待っている間に心が折れそうな気がします。

 

女性ひとりなら下北沢店のほうがおしゃれで、ゆっくりできそう。

下北沢駅から徒歩2分なので、あまり迷わずに行けそうなのもポイント高いですね。

 

 

まとめ

インスタ映え抜群な美しい肉丼が食べられる「the肉丼の店 蒲田」。

 

女性ひとりだと少し入りにくい感じもありますが、混雑する時間帯を避けるか、下北沢店を利用すれば、あまり周りを気にせずに美味しいお肉を食べられます。

 

ぜひ、機会があれば行ってみてくださいね。

ごちそうさまでした。

-お肉

© 2020 のんびり女子ひとり旅 Powered by AFFINGER5