BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA

東京泊まる場所

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO 浅草店」が快適すぎて住みたくなる

 

みなさんは泊まれる本屋があることをご存知ですか?

 

「BOOK AND TOKYO」は、本を読みながら寝落ちできるゲストハウスはなんです。

本好きの夢を叶えてくれる空間ですよね。

 

今回は「BOOK AND TOKYO」の浅草店にへ行ってきました。

 

実際に泊まってみた感想と、ひとりでも寂しくないかという点にについて詳しくレビューしていきます。

 

先に施設情報を見る方はこちらから

 

 

「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」へのアクセス

「泊まれる本屋」がコンセプトの「BOOK AND TOKYO」

 

池袋が本店で、京都と福岡、心斎橋にも店舗があります。

 

ちなみに、池袋店は人気があってすぐに満席になってしまうんだそう。浅草店は空いているときが多いみたいなので狙い目です!

 

アクセスが抜群にいいです。

 

浅草駅2番出口から徒歩3分程度。

 

「雷門」で有名な浅草寺までは、徒歩2分という好立地!夜の浅草寺を散策するのもおすすめです。

 

近くには「牛かつもと村」もありました。

 

BOOK AND BED TOKYO 浅草店
〒111-0034 東京都台東区雷門2丁目16−9 パゴダ浅草6F

 

 

では、ここからは実際に泊まってみて「どんな感じだったのか」を写真とともに紹介していきます!

 

 

受付の様子

 

まず、受付はビルの6階になります。

1階にはお寿司さんがあって、隣のビルにはスタバがありました。

 

初めて行くと、まずは受付に驚きます。

オシャレなのはもちろんですが、入口に仕掛けがあるので入る前から楽しめます。

 

受付には施設利用料金が書かれている本があります。誰もいない状態なので、ベルを押してスタッフを呼びましょう。

 

受付で支払いを済ませたら、詳しい説明を受けます。

24時間出入り自由なので、とても便利です。

 

バーやカフェの利用もできますし、近くにはコンビニもあるのでお腹が空いたときも困りません。

 

 

店内の様子

 

店内の中に入ってビックリ!オシャレすぎる。

黒と白のコントラストが美しいです。

 

真ん中にはカウンターとソファがあり、ここで本読んだり、お酒を飲んだり、パソコンしたりと好きなことができますね。

 

本棚の中にベッドが入っていて、本を読みながら自分の時間を楽しめます。

本の種類は幅広く、雑誌・マンガ・ビジネス・旅行本などいろいろありました。

 

本を選んだら、ベッドやソファに座って読書しましょう!

 

ソファの上に寝転がっていても、誰にも怒られません。

(周りの迷惑にならない程度に…!)

 

 

部屋の様子

 

ひとり用のベットは一番小さいCONPACTでも十分な広さでした。

 

でも、ちょっと圧迫感はあるかも…!

 

 

ダブルサイズは2倍の大きさなので、友達や夫婦で泊まることができますよ。

(その分、料金もお得♪)

 

壁はあまり厚くないので、隣や上の物音が聞こえやすいです。

 

私はそんなに気になりませんでしたが、気になる人は気になるかも…。

 

 

ベットルームには、ロッカーもついているので、貴重品も安心して保管することができます。

 

 

その他の設備について

それでは「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」ではどのように過ごせるのか、中の様子も見ていきましょう。

 

 

ソファー席

ソファー席ですが、いろいろあります。

外が見渡せる席が2種類。

 

 

素材も座り心地も微妙に違うので、いろいろな席に座りたくなります。

 

 

ほかにも中央にあるテーブルには丸イスが置いてあってカウンターのように座れますし、反対側にあるソファー席も広々としていて座り心地がよかったです。

 

私はここでゴロゴロしてました。

コンセントもあるので、充電しながらゆっくりできますよ。

 

 

シャワー&トイレ

カウンターの横を抜けると、シャワーとトイレがあります。

 

 

シャワーも綺麗でした。それぞれ脱衣所がついてて、着替えも楽チンです。

 

洗面台も広くて、かなり清潔感があります。ハンドソープとドライヤーが備え付けられています。

 

 

 

 

カフェスペースもある

 

「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」の魅力のひとつは、おしゃれなドリンクが飲めること。

 

カフェカウンターがあり、飲み物を注文することができます。

 

私は、「Black strawberry milk」を注文してみました。

 

値段忘れた…(;o;)

 

ストロベリー味なのに、見た目が黒色だなんて斬新すぎる!

味はイチゴ味だけど、竹炭が入っているからか、甘さ控え目に感じます。

 

美味しい〜♪

また飲みたい(^^)

 

 

その他にもジン・ウォッカ、コーヒー・カフェラテなどいろいろ揃っています。

 

ちなみに支払い方法ですが、現金は使えません。

交通系ICカードや電子マネーが使えます。

 

私は楽天Edyで払いました。

 

 

オーブントースター

もちろん、持ち込みもOK!

店内にはオーブンがあるので、パンを温めることができます。

 

 

バミューダのオーブントースターですよ!

パン以外でも冷めたものを温めるときに役に立ちます。

 

 

「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」のアメニティは?

BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA

 

シャワールームには、シャンプーやボディーソープなどが置いてありません。

 

でも安心してください。受付でミニサイズのボディソープ・シャンプー・トリートメントがもらえますよ。

 

ちなみに、バスタオルや歯ブラシは自分で持参する必要があります。

 

バスタオルはレンタルすることもできるので、忘れてしまっても安心ですね。

 

レンタルタオル 162円(税抜)

 

 

BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA

 

物音がうるさくて眠れないという人のために、耳栓がもらえますよ。

 

BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA

 

ルームウェアはありませんので、自分で持参する必要があります。

 

購入することもできますので、気になる方はスタッフの方に聞いてみてください。

(ちょっとお高めの値段設定です…)

 

 

「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」のひとりでも楽しめるポイント

実際に泊まってみて感じた、オススメポイントについて詳しく説明してきます。

 

①オシャレで落ち着く空間

 

ゲストハウスの問題点といえば、やはり物音が気になることではないでしょうか?

気になって眠れないとかね。

 

「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」の店内はとっても静か。

満室ではなかったので余計かもしれませんが。

 

外国の方も多かったですが、みなさんしっかりとマナーを守れられていました。

 

夜中12時になると少し暗くなり、音楽も消えてさらに静かな空間に。

朝はみなさん朝食を食べたり、出発の準備をしたりで結構騒がしくなります。

 

でもこのくらいでしたら、許容範囲ではないでしょうか。

私はとても快適でした。

 

 

②オシャレな写真が撮れる

 

もう、とにかくそこらじゅうがオシャレなんです!

「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」にいるだけで、オシャレになった気がします。笑

 

「非日常的な場所に泊まりたい」という人には、かなりオススメです。

 

「写真もたくさん撮ってください!」とスタッフの方が言っていました。

もちろん、周りの迷惑にならない範囲ですが…。

 

スタッフの方はかなりフランクに話しかけてくれるので、写真をお願いしたら撮影してくれます。

Instagramなどに写真をアップしてもよさそうですね。

 

お店はSNS集客に力を入れているようなので、利用者がSNSで紹介してくれるのが嬉しいそうです。

 

 

③ひとりでいることを感じさせない

 

「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」は、ひとりでいることが全く気にならない空間でした。

 

「ひとりは寂しい…」という人でも、スタッフの方が話し相手になってくれますので、寂しさを感じさせないと思います。

 

「スタッフと交流するの苦手だから、ひとりにしてほしい」という人には、空気を読んでくれますので心配はなさそうですね。

 

何よりここのゲストハウスは、寂しさを紛らわすための本がたくさんあります。

テレビはありませんが、退屈せずに過ごすことができますよ。

 

 

 

宿泊以外の利用も可

「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」は宿泊以外の利用もできます。

支払い方法は、クレジットか交通系ICカードしか利用できませんのでご注意ください。

 

カフェタイム

利用時間:13:00~17:00

カフェの利用ができます。

施設利用料は無料で、ワンドリンク制です。

 

ソファー

利用時間:17:00~20:00

1時間ごと¥550(税込)

13:00~20:00 1時間ごと¥650(税込)

 

ベッドプラン

利用時間:13:00~15:30

休日:1時間ごと¥960(税込)

ベッドプランの最終受付は14:30まです。

 

 

空き状況はTwitterを確認

「BOOK AND BED TOKYO浅草店」のTwitterで現在の空き状況を確認することができます。

デイタイムのお知らせのほかに、当日宿泊キャンセルなどの空室状況もわかりますよ。

 

浅草店利用状況|BNBT

 

 

まとめ

とにかくオシャレで快適な「BOOK AND BED TOKYO ASAKUSA」。

 

私はゲストハウスに泊まるのが今回初めてだったのですが、すっかり虜になりました。

もう今度から「ゲストハウス」でいいや!って思いましたよ。

 

値段もホテルに泊まるよりも安いですし、何よりひとり旅をする人にとっては最高の空間です。

ぜひ気になった方は、訪れてみてくださいね。

 

 

楽天トラベルの予約はこちらからできます

-東京泊まる場所

Copyright© 東京ひとり旅日和 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.